スマイルMAX

新築一戸建ての注文住宅を建てることから建てた後の生活を綴るブログ。住まいをベースにスマイルいっぱいの本物志向の生活を考えていきます。

引越し 新築注文住宅

一戸建てに引越すと光熱費は高くなるの?

更新日:

一般的にマンション暮らしより一戸建ての方が光熱費は高くつく傾向にあるようです。

マンションから引越したら、光熱費が高くなってビックリしたと言う人は決して少なくありません。

何故一戸建ての方が光熱費が高いのか?

どうして一戸建ての方が光熱費が高くなると言われているのでしょうか?

恐らくですが、単純に面積が広くなるからだろうと思います。マンションも高級なマンションならいざ知らず、多くの人は、2LDKなどのマンションから一戸建てに引越すことが多いでしょう。

2LDKですと、どの位の広さでしょうか?60㎡程度かせいぜい100㎡ではないでしょうか。

一戸建てで見てみますと、建坪10坪で3階建てですと、床面積は100㎡くらいになりますが、実際にはもう少し広いですよね?

となると、その分、照明や空調にお金がかかるのも頷けます。ガスに関して言えば、床暖房などで新たにガスを使うシチュエーションが増えない限り一戸建てに引越したからと言ってさほど料金が上がるとは思えません。

水道は、庭ができたりすると余分に必要となりますし、風呂が大きくなればその分水も沢山必要にはなりますが、これに関してもそれほど大きな変化があるとも思えません。

やはり、電気代が一番高くなりそうだなというところでしょうか。

電気代が高くなる理由は、上述のとおり、単純に広くなるからと言うことではあります。例えばそれまで10畳のリビングが20畳になったとすれば、どうしてもその分、照明やエアコンで電気代が高くなりますよね。

加えて、各自が子供部屋などに分かれて生活すると言うケースもあるでしょう。

家族全員が同じ部屋で生活していたスタイルから、家族が各自の部屋に籠もるとなるとどうしても各部屋で照明や空調を使うことになりその分電気代が高くなるわけです。

 

思ったほど光熱費が高くならなかった

しかしながら、我家の場合、まだ1ヶ月ほどではありますが、どうやら噂ほど高くなる様子はありません。

要因としては、子供部屋がないこと、居住面積がさほど大きくなっていないことなどがあるでしょうか。

子供部屋は作りませんでしたので、各自が部屋に籠もるということはありません。

居住面積に関しては、部屋数は変らないのですが、さすがに各部屋は広くはなっていますし、何より吹き抜けなど高さが増えていますから、その分光熱費が上がっても致し方のないところだとは思うのですが、それがそうでもないというのが意外な感じです。

では、どうして光熱費がさほど上がっていないかを考えてみますと、省エネ効果というのはありそうです。

色んなところで省エネされているのです。

まず、照明がLEDになりました。それまでは蛍光灯を使っていましたから、これだけでも随分省エネされているはずです。

次に、家自体も省エネされている点でしょう。

私は、以前住んでいたマンションには13年前に引越しています。その時ちょうど新築のマンションでしたので、そのマンション自体は築13年と言うことになりますので、決して古い建物に住んでいたわけではありません。

実際、実家と比較すると、断熱などはすごく効いていましたから、冬に暖房をつけることはあまりなく、コタツだけで十分でした。夏は夏で、家の中は比較的涼しかったので、朝夕にエアコンを使うこともほとんどありませんでした。さすがに寝るときにはエアコンを使う機会も多々ありましたが、それでも私以外の家族はとくに必要ないと言っていたくらいですから、そんなに大したことはなかったのでしょう。

そんなところから引越しているのですが、それでもやはりこの10年の省エネの進歩はあるんでしょうね。

例えば、風呂の追い炊きは引越してからとても減りました。子供が成長すると共に風呂の追い炊き回数がどうしても増えていて、そうするとガス代が恐ろしく高くなっていたのが、引越してからは風呂の保温性能が格段にアップしているおかげで追い炊き回数がとても減っています。

ガス代に関すれば、ガスの床暖房を付けたこともあってガスの使用量は格段に増えているのですが、ガス料金が床暖房の割引きが適用されていますので、思ったほど支払額は高くなかった印象です。

他にも家自体の断熱性能は上がっています。そういう家にしてもらったと言うこともありますが、以前住んでいたマンションより更に暖かくなっています。これに関しての要因は分かりませんがとにかく暖房を付けていないときの暖かさは格段にアップしている印象がありますから、恐らくその分光熱費アップにならなかったのでしょう。

このように、目に見えないところで省エネ効果があって、光熱費アップにならなかったというところではないでしょうか。

もし、今すぐ、広さ1.5倍の新築住宅に引越したとしたなら、恐らくはそれ相応の光熱費アップになっているとは思います。

こう見てみますと、2018年現在なら一戸建てに引越したからと言って、大きな光熱費アップはならない家庭も少なくないのではないかなぁとは思います。

今後に関しては、恐らく各家庭でLEDが当たり前になっているでしょうし、省エネ効果も今までほど進化するとも思えないので、面積分高くなるのかなぁとは思います。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

  • この記事を書いた人
スマイルパパ

スマイルパパ

個人事業のような会社の社長をしています。 趣味は水泳、トライアスロン、読書。 人からは典型的なB型と言われますが、自分では何のことか分かりません。 プロフィールの詳細はコチラ

おすすめ記事

スマイルゼミ小学講座 1

タブレット学習の中でも人気のスマイルゼミ。我家でも実際に使っていますが、なかなか良いです。 タブレットは書きにくいと追われがちですが、スマイルゼミのタブレットは紙に書くような書きやすさです。この点で他 ...

2

最近は、スマイルゼミに代表されるような、タブレットを使った学習、通信教育が人気になっています。 我家でも、スマイルゼミを契約して3人の子供にやらせてみましたが、一般的な紙ベースの通信教育よりは継続でき ...

-引越し, 新築注文住宅
-,

Copyright© スマイルMAX , 2019 All Rights Reserved.