住まいるMAX

新築一戸建ての注文住宅を建てることから建てた後の生活を綴るブログ。マイホームをベースにスマイルいっぱいの本物志向の生活を考えていきます。

キッチン 新築注文住宅 設備

システムキッチンの選び方!私のこだわりは収納と食洗機

更新日:

システムキッチン選ぶときに、私がこだわったポイントは、収納が機能的に使えること、収納は開き戸ではなく引き出しタイプが選択できること、ビルドインの食洗機があること。食洗機は、大型サイズが選択できることでした。

それくらいのこだわりで、カタログを見たり、工務店の人から色んなアドバイスを受けたりしながら、ショールームへ行くまでの下調べをしました。

理想を言えば、食洗器はドイツの有名ブランドのミーレを入れることができればなぁなど考えていました。

システムキッチンの収納も色々な機能があります

まずは、システムキッチンの収納についてです。

一口に収納と言っても、実は色々ありました。どれもかなり使いやすさを考慮しています。

メーカーごとにこだわりがあるのはもちろんですが、各メーカーごとにシステムキッチンに3ランクくらいのシリーズがあり、それぞれに色んな工夫がされています。

今まで使っていたキッチンのシンク下収納は開き戸で、がらんとした空間に自分でどこに何を収納するかなど、レイアウトを考える必要がありました。しかも奥の方に入れたものを出すのが意外と手間だったり、奥の方に入れていることをすっかり忘れてしまったりと、日常的に奥の方まで効率よく使用するのが難しかったです。

シンクしたの収納のレイアウトを考えるという点では、開き戸も引き出しも同じだと思うのですが、ある程度収納するものを想定して、LIXIL、タカラスタンダードやトクラスなどメーカーごとの各シリーズで使いやすさが考えられている点にはなかなか感心するものがあります。

ですが、この使いやすさの工夫が実は、メーカー選択の悩みの種になるのですが…

まずは、リクシルのシステムキッチンの収納です。

建売住宅などでもよくつかわれているリクシルは、価格が比較的手ごろなこともあり、注文住宅でも利用する人は多いです。

細かいところまで自分で決めたい方向けのシリーズやある程度形が決まっていて、少し自分流にカスタマイズできるようになっているシリーズなど、選びやすいシリーズがそろっています。

リクシルのキッチン収納の特徴

システムキッチンをどれにするか決めるために色々見て回った中で、その収納力に着目してみて回ったメーカーや気になったメーカーを紹介したり感想を書いたりしています。 ここでは、リクシルの使いやすさの工夫を紹 ...

続きを見る

そして、我が家の大本命のタカラスタンダードのシステムキッチンの収納です。

タカラスタンダードといえばホーローです。鉄なので丈夫で長持ち、マグネットが使えるということもあり、キッチンは特にこのマグネットの利用で家事効率がグッと変わります。

汚れにも強いので、掃除もラクで、水拭きでほとんどの汚れが落ちてしまうのも魅力です。

タカラスタンダードのキッチン収納の特徴

タカラスタンダードといえば、もちろんホーロー! 丈夫で長持ち、壊れないと、なかなかの営業泣かせな設備であるという噂を聞いていました。 前にも書いたのですが、システムキッチンにそれほどのこだわりが無い私 ...

続きを見る

見たら欲しくなるのが人造大理石のトクラス!丈夫で衝撃にも熱にも強く、暑い鍋をワークトップにそのまま置いても平気というのは、なかなか感動しました。

そんなトクラスのシステムキッチンの収納はこちらです。

トクラスのキッチン収納の特徴

トクラスのキッチンを見に、ショールームへ行きました。 キッチン設備を検討する際にトクラスは私の中では候補に挙がっていませんでした。というか、どんなメーカーがあるのかもよく分かっていなかったのですが… ...

続きを見る

 

システムキッチン選びで価格は大事なポイント

新築となると、とにかくお金がかかります。

予算オーバーになりがちなところをコストダウンしていかなくてはなりませんが、そういうときに、システムキッチンというのは価格が高いので、どうしてもコストダウン対象となりがちです。

下記記事にも書きましたが、システムキッチンなどの設備機器はコストダウンにはとても効果的なのです。

天井を下げてコストダウン?本当のコストダウンのポイント

新築注文住宅を建てるとなると、とにかく高価な買い物ですから、可能な限りコストダウンしたいところです。 コストダウンには色々な方法がありますが、そのうちの一つに天井を低くするとコストダウンできるという話 ...

続きを見る

そもそも水回りの設備というのは10~20年で交換する類いのものです。家の柱のように何十年も使うというものではありません。

それに、10年もするとシステムキッチンもだいぶ進化していることが予想できます。

ましてや、食洗機なんかは10年もすれば壊れてしまう可能性大です。

こう考えていくと、消耗品ならあまりいいものはいらないのかな?と思わなくもないです。

 

ただし、システムキッチンは、女性が気になるポイントの一つでしょう。例えば、友人の女性が新築の家を訪問した際には、どうしても見られがちです。他人の家のキッチンってちょっと気になる人って少なくないでしょ?(^_^;

ましてや新築住宅となると、キッチンやお風呂の水回りは何故か見ちゃいますよね。

リビングなんて、広いか狭いかで終わりますが、キッチンとなると、使い勝手とか色んな機能とかいろいろあるので、見に来る方も興味津々ですから、仕方ないところでしょうか。

そんな時に、安物のシステムキッチンだと嫌だなんてことを考えるのも分からなくもありませんが・・・そうなるとコストが上がってしまうのです。

システムキッチン選びは新築住宅の価格を抑えるポイントの一つであることは間違いないのです。数十万円の価格は簡単に上下します。

どのメーカーでも最高級のモデルと、普及モデルでは数十万円の価格差はあるものです。

更に高級なモデルは値引率も悪いため、買値における価格差はかなり広がると考えておいた方がいいでしょう。

 

システムキッチン選びは、大袈裟に言ってしまえば、家の顔ともなりかねない部分の選択です。しかし、消耗品で、コストダウンのポイントでもあります。

個人的な意見としては、普及モデルでも十分だとは思いますよ。ショールームに行って確認してみたらいいのでしょうが、十分な見栄えと機能がついていますし、そもそも、綺麗なシステムキッチンってだけで十分羨ましいものではないですか?(^_^;

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

  • この記事を書いた人

スマイルママ

現在、長男、長女、二男の三人の子育てをしながら、仕事に家事に奮闘しているスマイルママです。念願のマイホームを注文住宅で購入したのですが、家完成までの紆余曲折、三人の教育や子育てに頭を悩ませる日々など徒然に書いています。失敗しない家造りは無いというけど、ほんとにそうです。あーすればよかった、こーすればよかったと、後から気づくことも多く、これから家を建てようと考えている方の参考になればよいなぁと厚かましくも考え中です。

おすすめ記事

-キッチン, 新築注文住宅, 設備
-, , , ,

Copyright© 住まいるMAX , 2019 All Rights Reserved.